名取市は東北の中心都市、仙台市と隣接することから、名取市不動産の人気は高まっています。仙台市と接する市や町は他にもありますが、名取市には他の市や町にない魅力があります。仙台市の空の玄関、仙台空港は名取市と岩沼市に跨って建設されています。名取市は仙台から空港までの通り道となり、仙台圏の一翼を担っています。さらに名取市は自然が豊かなところです。東部は太平洋に面し、広い砂浜が続きます。漁港には近海の魚介類が水揚げされ、新鮮な魚を容易に求めることができます。西部は地盤の良い丘陵地帯となっていて、良質な宅地を提供しています。安定した地盤は住宅の建築に必要です。市の中心部も、郊外型の大型ショッピングセンターの建設により活気付いています。総合的な魅力が名取市にはあります。

名取市周辺の交通環境と便利な宅地選び

名取市は交通の便が良いところです。名取市不動産は交通の便が良い立地の良さが人気の秘密です。名取市はJR東北本線名取駅があります。名取駅は旧市街地の中心部に位置し、周辺の住宅地から利用が可能です。さらに、仙台空港アクセス線の開業により、途中の駅から仙台方面へのアクセスも可能となりました、杜せきのした駅や美田園駅の周辺には大きな住宅地がつくられています。名取市は鉄道以上にクルマの利用が便利なところです。市の中央部に国道4号が走り、北は盛岡方面、南は福島方面へのアクセスを容易にしています。沿岸部を南北に貫く仙台東部道路は、南で常磐自動車道、北で三陸自動車道と接続し、福島の沿岸部と宮城の三陸の間を結んでいます。市の北部からは、東北自動車道仙台南ICへのアクセスが容易です。

名取市の住宅地のエリア分けと特徴

名取市不動産は大きく3つのエリアに分けることができます。名取市は古くから続く町で、JR名取駅を中心に旧市街地が存在します。一部に古い建物が残っているものの、多くは新しく建て替えられ、きれいな街並みに変貌しています。さらに、戦後の高度経済成長期には旧市街地を取り巻くように、新しい住宅地が建設されました。この中からも、現在、中古物件を中心として住宅物件が流通しています。昭和の末から平成にかけて開発されたのが、新たな住宅地です。市の北西部にある高舘丘陵は、仙台市南部と隣接する立地の良さから、多くの住宅地が開発されました。強固な地盤なので住宅を建てるには適した土地です。高台のため洪水の心配はなく、安定した資産を築くことが出来ることから人気が高まっています。