住宅の供給者は、大手住宅メーカーなどの大手資本と、地元のビルダーや不動産会社が競合する状況となっています。資金力のある大手は、新しい宅地を開発し、住宅を建てて販売するか、建築条件付宅地を販売しています。一方、地元のビルダーや不動産会社は、既存の住宅地での住宅販売や、郊外での宅地開発を行い、宅地や住宅を供給しています。そこで見えるのが宮城県を始めとする東北の特殊事情です。首都圏での主な交通手段が鉄道であるのに対して、宮城県での主な交通手段はクルマです。宮城県はクルマがなければ生活が成り立たないことの多い土地柄です。中央から進出してくる大手は、駅近くに宅地を開発し、販売する戦略をとっています。一方、地元の会社はクルマの利用が前提の郊外での物件販売に力を入れています。

大手住宅メーカーが進める駅近くの宅地開発

大手住宅メーカーは、JR東北本線名取駅や南仙台駅の周辺での宅地の開発に力を入れています。駅近くの物件は交通の便が良いだけでなく、買い物などの利便性に優れているのが特徴です。名取市不動産の特徴として、仙台市に近い高舘丘陵に多くの住宅地が集まる傾向にあります。大手住宅メーカーはこの傾向には乗らず、駅近くの物件を独自に開発しているのがわかります。駅近くの物件は、洪水被害が起こらない地域かどうかの確認が必要です。大手住宅メーカーが販売する宅地は、当然ながら建築条件付き宅地がほとんどです。建築条件が付いても、間取りは自由に決められるので安心できます。間取り以外の構造や仕様はメーカーのものが適用になるので、事前に確認が必要です。大手住宅メーカーは宣伝戦略に長けているので、情報量は多くなります。

地元ビルダーが着目する高舘丘陵の住宅地

名取市では、大手住宅メーカーが駅に近い物件の供給を行っているのに対して、地元ビルダーや不動産会社は高舘丘陵での住宅販売を行っています。名取市不動産の特徴は、仙台市と隣接し、安定した地盤と災害に遭い難い土地が多い高舘丘陵に、良質な住宅地が集まっていることです。地元を知り尽くす地元ビルダーや不動産会社はこの点に着目し、高舘丘陵での住宅販売やその付近での宅地開発に力を入れています。鉄道の駅からは遠い場所にあるために、首都圏の常識では販売は難しい場所です。しかし、クルマの利用が前提の宮城県での生活では、高舘は住み難い場所ではありません。高舘からは国道286号を経由して、仙台市中心部へアクセスすることができます。混んでなければ30分程で仙台市への通勤が可能なので、高い人気を継続しています。