名取市は東北の中心都市である仙台市に隣接しています。名取市不動産は仙台市との関わりを見ることで、その特徴が見えてきます。仙台市と名取市の間の交通手段は、鉄道とバス、クルマに分かれます。鉄道はJR東北本線と、それに接続する仙台空港アクセス線が利用できます。バスは国道4号を走る路線バスと、北西部の住宅地から仙台市地下鉄南北線の駅を結ぶ路線バスが利用できます。クルマの利用では、国道4号、国道286号の利用により、仙台市とのアクセスが可能です。他にも、名取市から名取川を超え、仙台市へアクセスする道路が整備されています。さらに、名取市の東部を走る仙台東部道路により、北は石巻方面、南は福島方面へのアクセスが可能となります。山形方面へは、国道286号から国道48号へぬけるルートが使えます。

仙台市へのアクセス状況と必要時間

仙台市へのアクセス性の良さが名取市不動産の大きな魅力となっています。仙台市へのアクセス性が高い地域はJR東北本線沿線の各駅です。仙台南駅は仙台市南部に位置するものの、名取市中心部から近い距離にあります。名取駅の周辺にある住宅地からも、仙台市へのアクセスが容易です。仙台空港アクセス線沿線からも、同じようなアクセスが可能です。鉄道の利用は利便性が高いものの、列車の本数が限られるのが難点です。朝晩のラッシュ時には頻繁に運行される列車も、それ以外の時間帯の運転間隔はまばらです。クルマは、名取市と仙台市の間の主要交通手段となります。北西部の住宅地からは、国道286号を利用して、愛宕大橋から仙台市中心部へ通じることができます。国道4号の利用で、仙台市や多賀城市、塩竈市方面へのアクセスが容易です。

時間帯による混み具合の推移と対策

仙台市へのアクセスが便利な名取市不動産ですが、列車の本数や、クルマを利用する場合の朝晩の激しいラッシュに問題が残ります。列車は朝晩のラッシュ時に本数が多くなるので、時間を合わせた適切な利用が望まれます。仙台空港アクセス線による仙台駅へのアクセスを考えることも必要です。クルマでのアクセスは、国道286号と国道4号によります。国道286号は仙台市の南西部から中心部に通じる主要な道路です。途中の抜け道が少ないことから、ラッシュ時には渋滞が予想されます。しかし、仙台市中心部までの距離は近く、一定の流れは確保されています。国道4号も同じように混み合いますが、名取川を超えた後は仙台市中心部へ向かう道路が枝分かれしているので、空いている道路を使うことで、最短時間でのアクセスが可能です。